M字に後退した生え際を目立たせないおしゃれな髪型

M字型に薄くなっている方でも、目立たないような髪型にしたいという願望を持っています。
もちろん、かっこ良く決まるような髪型もあります。
ここでは、M字型に後退してしまった人でも、似合う髪型をまとめていきたいと思います。

 

M字型薄毛の人の特徴とは?

M字型に薄くなっている人の特徴は、生え際が薄くなる点にあります。
生え際の真ん中は薄くならないのですが、真ん中を中心にして、両サイドが薄くなり、その形がアルファベットの「M」に見えるところから、そのように呼ばれるようになりました。
生え際が薄くなっているので、頭頂部が薄くなるO字型のように、オールバックは難しく、短髪系の髪型が主流になってきます。

 

ソフトモヒカン

M字型に薄くなっている人であれば、モヒカンのように軽く経たせることで、毛量の少なさをカバーすることができます。進行してしまっている人でも、スタイリングの手間をかけると、セットしやすい髪型なので、意外とやっている人が多い髪型です。

 

ショートレイヤー

あまり坊主にしたくない人向けの髪型とすれば、このショートレイヤーのみとなります。
ショートレイヤーは、ゆるめにパーマをかけて、全体をふんわりとさせます。そのことで、全体的な毛量の少なさをカバーしています。ただ、この髪型はあまり進行していない人に限定されます。ある程度進行している場合は、難しいので注意して下さい。

 

短髪

短髪系には、ベリーショートや坊主があります。
ベリーショートにした場合、全体もかなり短くなるので、全体的に毛量があるように見せることができます。
また、セットする手間も少ないので、M字型に後退した人の中では、比較的人気のある髪型です。

 

他には…

その他、坊主やスキンヘッドも、進行している人の間で人気があります。
やはり、薄くなった部分とのバランスが取りやすいですし、短くしたことで、全体的な毛量のバランスを取りやすくなります。また、男らしさが強調されるという点でも人気が高い髪型です。
ただ、何が似合うかは個人差があるので、髪型を決める際は美容師さんなどに聞いてみることをおすすめします。